□パーソナルカラー診断



「なりたい私」になれる、パーソナルカラー診断。

パーソナルカラーは自分の魅力を最大限に引き出してくれる色。
自分の魅力を知ってもっとステキに大変身しませんか?
サイアート(Sci/ART)パーソナルカラーは
内面にもアプローチしていきます。

心も装いも、魅力溢れるステキな女性になりましょう。



■パーソナルカラーとは?

パーソナルカラーとは、その人の魅力を最大限に引き出す色、すなわち「似合う色」のことです。
人が生まれつき持つ肌・髪・瞳の色に調和している(なじみ・共通性がある)色は、その人に「似合う色」です。
しかし、色にも様々あります。
赤や青といった色の中にも明るい、暗い、うすい、くすんだ・・・など、多くの種類があり、「青い色はあんまり似合わない・・・」と苦手に思っている色にも、実は似合う青があるのです。
たくさんある色の中からその人に一番似合う色のグループを見つけるのが「パーソナルカラー診断」です。


■パーソナルカラーの効果

似合う色を身につけると、肌の色や髪、瞳がとてもきれいに見えます。また、その人らしい雰囲気を作り、周りの人に良い印象を与えられるのです。
下の表は、似合う色・似合わない色それぞれが与える影響です。

似合う色の効果 似合わない色の効果
 ・肌が明るく見える  ・顔色が濃くのぼせた感じに見える
 ・肌に透明感が出る  ・肌が青白く不健康に見える
 ・小顔に見える  ・シミやしわが目立つ
 ・シミやしわが目立たなくなる  ・目の下のクマが目立つ
 ・肌にツヤ感が出る  ・顔が大きく見える
 ・若々しく、イキイキして見える  ・肌にハリがなく老けて見える
 ・顔の輪郭がすっきりして見える  ・肌のたるみ・くすみが目立つ
 ・目力が出る  ・服の色だけが目立つ

色だけで、こんなにも見え方が違ってきてしまうんです。


第一印象は一瞬で決まります。
パーソナルカラーを上手に取り入れて活用することで、イメージアップや自分に自信がつくだけでなく、自分らしさをしっかりと表現することができるのです。






■ベース(アンダートーン)とは?

パーソナルカラー診断では「ベース(アンダートーン)」を元に判断していきます。
人間は一人ひとり違った肌の色をしていますが、『イエローベース(ウォーム)』といった黄色っぽく暖かみを感じる色のグループか、『ブルーベース(クール)』といった青みがあって冷たさを感じる色のグループか、どちらがより肌色に調和しているのかを分析します。



■4シーズンとは?

様々あるパーソナルカラーシステムの分類方法の中で、最も基本となるのが4シーズン分類です。
4シーズンは、イエローベース(ウォーム)とブルーベース(クール)それぞれを更に2つのグループに分けて4つのグループに分類しています。
また、それぞれのグループには色の持つイメージから季節(シーズン)の名前がついていて、
イエローベースにはSpring(春)とAutumn(秋)、ブルーベースはSummer(夏)とWinter(冬)というように、4つの季節(シーズン)に分かれています。

《4シーズン 色見本》



■サイアート(Sci/ART)とは?

「サイアート(Sci/ART)・パーソナルカラー」とは、ニューヨーク、ボストン、フロリダを中心に全米から世界へと広がっている新しいパーソナルカラーシステムです。

サイアート(Sci/ART)の最大の特徴は、
4シーズンをさらに細分化して12のグループ(シーズン)に分類している
イエロー・ブルーといったベース(アンダートーン)に「ニュートラル」という中間(イエローとブルーの間)のベースを加えることで、どちらにも当てはまらなかった方(パーソナルカラー難民の方)にもしっかりとした対応が可能
という点です。

また、4シーズンを基本に各シーズンをさらに3つに分類しており、色の属性(明度・彩度・色相)すべてを同レベルで考慮し分析をするため、ベース(アンダートーン)に捉われない幅広いご提案が可能な今話題のパーソナルカラーシステムです。
さらに、内面(気持ちや考え方など)にも注目し内面と外見のズレが小さくなるよう、その方の「なりたいイメージ」に沿ったカラーコンサルティングを行っていきます。

単に似合う色を提案するだけではなく、「今の自分」と「なりたい自分」を一緒に確認しながらカラーやファッションのご提案範囲を広げていきます。

《サイアート 12シーズン色見本》

 



▶次のページ《診断メニュー》へ